So-net無料ブログ作成

サッカー韓国対日本戦 AFC、“乱闘”済州の処分を軽減 [サッカー]

アジアサッカー連盟(AFC)は20日
済州ユナイテッド(韓国)の2選手がAFCチャンピオンズリーグ(ACL)
浦和レッズ戦の乱闘騒ぎで受けた処分を軽減すると発表した。

AFCは当初
浦和戦で問題を起こしたDFチョ・ヨンヒョンに
6か月の出場停止と罰金2万ドル(約220万円)
DFペク・ドンギュに
3か月の出場停止と罰金1万5000ドル(約165万円)の処分を科すことを決定。
前者は試合中に退場処分となりながらも終了後に
ピッチへ乱入して審判に抗議を行い、
後者は浦和MF阿部勇樹の顔にエルボーを入れる暴力行為に及んでいた。

しかし、処分を不服として済州が行った異議申し立てが認められ、
チョ・ヨンヒョンの出場停止が6か月から3か月、
ペク・ドンギュの出場停止が3か月から2か月にそれぞれ軽減。
韓国『朝鮮日報』では
「浦和の選手たちの挑発があり、
 チョ・ヨンヒョンの場合は意図的ではなく、模範的なキャリアを積んできた」と理由を挙げている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-01641940-gekisaka-socc

こんなのがまかり通るなら韓国の試合公式な試合以外取りやめにしたらいいのにね
もうサッカー見なくなったけど、相変わらず日本は何もしないんだろうねw

こんな暴力的な国と試合して選手生命削る試合して楽しいのかな?w
差別を平気にして暴力されて難癖付けられてw
朝日はそれが楽しくてしょうがないでしょうがwww
まぁ、久々の酷い裏工作で、さすがの安定の韓国です♡


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。